イベント情報

燕三条地場産センター主催イベント・研修一覧へ戻る

市川正美彫金展

市川正美氏の作品

期日:11月25日(土)~12月10日 9:30~17:30
会場:物産館

燕市出身の優れた工芸家、市川正美氏の作品を
ご覧いただくことができます。
その素晴らしい作品群を是非身近に感じられる絶好の機会です。

【市川正美氏プロフィール】
1948年旧分水町生まれ。洋食器金型彫金に6年の修行後、独立。
後に、人間国宝の故鹿島一谷氏に師事し、更に10年の修行期間を経て、布目象嵌という技法を習得した。
布目象嵌の名称は、タガネの切り目が布の折り目の様に見えることに由来している。
氏の大胆かつ優美な作品は、1mmの間に溝を10本以上彫り、
縦横斜めと切れ目を入れた部分に、金箔などを薄く噛み込ませることで美しく仕上げ、文様や文字を表現し、
日本工芸会会長賞を始め数々の賞を受けている。
作品の中では文化庁買い上げのものもある。
その匠の技は、正倉院宝物の銀薫炉復元でも発揮された。
過去、平成16年、24年の2度、燕市産業史料館で展覧会が行われている。

イメージ 開催日 時間(会場) 対象者 担当課
名称 内容
市川正美氏の作品 11月25日(土)~12月10日 9:30~17:30(物産館) 一般 物産観光課
市川正美彫金展 燕市出身の優れた工芸家、市川正美氏の作品を ご覧いただくことができます。 その素晴らしい作品群を是非身近に感じられる絶好の機会です。