技術開発課

研修・セミナー情報, 技術開発課, ビジネス情報, 産業振興部|2020年7月9日(木)

【終了しました】『3D-CAD/CAE入門講座』のご案内

『3D-CAD/CAE入門講座』の受講者を募集いたします。 3D-CADの使い方、モデル作成方法を学ぶセミナーです。 3D-CADソフトウェアはFusion360を使用します。 全日程で受講者1名にパソコン1台を用意し、実操作・演習を中心とした内容です。 開催日程:令和2年9月1

続きを読む

技術開発課, 産業振興部|2020年6月15日(月)

『カッティング技術研究会』開催と会員募集のご案内

『カッティング技術研究会』開催と会員募集のご案内です。 カッティング技術研究会では、「切削加工」に関して【高能率化】と【高品質化】に関する技術情報の提供を行います。また地場産センターとして研究に取組み、研究会で情報共有いたします。 第1回は参加無料のオープン形式で開催し、昨年度で

続きを読む

研修・セミナー情報, 技術開発課, ビジネス情報, 産業振興部|2020年6月5日(金)

【募集締切】『図面の見方・描き方入門講座』のご案内

2020年7月7日(火) 本講座は定員に達しましたので募集を締め切らせていただきました。 『図面の見方・描き方入門講座』は年に2回開催しております。 次回は11月開始で開催いたします。 募集開始時に個別案内をいたしますので、ご受講を予定される方はご連絡ください。 『図面の見方・描

続きを読む

研修・セミナー情報, 技術開発課, ビジネス情報, 産業振興部|2020年5月8日(金)

『製造現場で必要な数学・化学・材料強度の基礎講座』のご案内

『製造現場で必要な数学・化学・材料強度の基礎講座』の受講者を募集いたします。 製造現場では、高校初級の数学や化学の知識を思い出すだけで、割と多くのことを解るようになります。本講座では、現場で役立つ数学や化学を簡単な演習を通して復習するとともに、材料強度に関する基本的な考え方を学び

続きを読む

研修・セミナー情報, 技術開発課, ビジネス情報, 産業振興部|2020年4月13日(月)

『“仕事の効率を上げる”Excel基礎講座』のご案内

“仕事の効率を上げる”Excel基礎講座の受講者を募集いたします。 各種統計データや売上データなどを素早く効率的に処理する機能やテクニック、関数を使ったデータ加工や必要なデータだけを抜き出す機能などを学びます。 ◎こんなお悩みをお持ちの方へ◎ ・関数を使って処理するため、適切な方

続きを読む

研修・セミナー情報, 技術開発課, 企業支援課, ビジネス情報, 産業振興部|2020年3月31日(火)

研修ガイドブック(2020年度版)を発行いたしました。

2020年度版の研修ガイドブックを発行いたしました。 本ガイドブックは燕三条地域においてものづくり人材育成を行っている機関の研修を一冊にまとめたものです。ご活用いただけますと幸いです。 PDF版のダウンロードはこちら。 研修に関する情報はこちら。 ※注意※ 研修ガイドブックの掲載

続きを読む

技術開発課|2020年3月25日(水)

【募集を終了しました】「図面の見方と金属材料・加工基礎講座」受講者募集のご案内

JIS規格に基づいた図示法、各種記号の意味などを理解し、鉄鋼材料を中心とした各種金属材料の特徴と用途、加工技術の基礎を学びます。 ものづくり現場や営業等の新入社員の方など、図面の見方や各種材料の基本を学びたい方の受講をお勧めします。

研修・セミナー情報, 技術開発課, ビジネス情報|2020年1月16日(木)

無料技術セミナー『塑性加工・熱処理・切削などの総合シミュレーションシステム』のご案内

近年、製造プロセスのデジタル化【デジタルものづくり】が進展しています。 今回のものづくりフォーラムでは、「金型の応力解析や寿命予測」「加工中に起こる不具合の事前予測」などのシミュレーションについて、活用事例を紹介しながら塑性加工総合シミュレーションシステム『DEFORM』について

続きを読む

技術開発課|2019年11月26日(火)

無料『特許相談会』開催のご案内

特許・実用新案・意匠・商標など『企業の知的財産権に関するご相談』について弁理士が無料でご相談に応じます。 ご希望の方は電話等でお申込みください。(事前予約制)

研修・セミナー情報, 技術開発課, ビジネス情報|2019年11月14日(木)

【終了しました】無料セミナー『トラブルの原因になる残留応力のX線による測定と品質管理への活かし方』

金属を加工すると材料内部に残る引張や圧縮などの残留応力が発生します。 残留応力は一般的に部品の「反り」や「割れ」、「寿命の低下」といった製品へのトラブルを及ぼす原因といわれています。また、実用中のトラブルを発生させる原因となることも少なくありません。ところが製造中に残留応力を測定

続きを読む