燕三条ブランド推進部

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2022年12月5日(月)

Good Design Award 2022 燕三条

“金属加工のまち”として知られる新潟県燕三条地域。先人が培ってきた技術とものづくりの精神は、デザインと融合し、数多くの魅力的な商品を生み出してきました。早くから商品にデザインを取り入れ、それを意識した商品開発が行われ、それは商品の差別化や自社ブランドの確立につながり、中小零細企業

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2022年11月22日(火)

オープンファクトリーPR動画の作成 コンペティション(書類審査方式)の実施について

オープンファクトリーPR動画の作成に関わるコンペティションを行います。 ■名称 オープンファクトリーPR動画の作成 ■日程 (1)参加申込受付期間:令和4年11月24日(木)から12月2日(金)17:00まで (2)コンペティションの実施:令和4年12月中旬を予定 ■要項など (

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2022年6月1日(水)

リサーチコアデザインギャラリー展示参加企業を募集します

展示を通じて「自社イメージを発見」「ブランド力を研鑽」したい企業を募ります。 「燕三条」の知名度向上には、魅力的な製品や優れた加工技術を有し、それを的確に発信する「自社ブランディング力」の高い企業の存在が欠かせません。 リサーチコアデザインギャラリーでは、これからの地域を担うブラ

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2022年4月27日(水)

第10回「燕三条 工場の祭典(仮)」参加KOUBA(こうば)募集

「燕三条 工場の祭典」は、燕三条地域の名だたるKOUBAが、一斉にKOUBAを開放し、訪れた方々にKOUBAでものづくりを体感していただくイベントです。 2019年度の開催を最後に、新型コロナウイルスの感染拡大により2年連続の開催中止となっておりましたが、開催から10年の節目とな

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2022年4月7日(木)

2022年度グッドデザイン賞 応募受付スタート

4月1日(木)から2022年度グッドデザイン賞の応募がスタートしました。 2022年度のエントリー期間は、5月26日(水)まで。全てのエントリーはオンラインでの手続きが必要です。詳しくは「グッドデザイン賞ホームページ」をご覧ください。 ■審査の視点セミナーが開催されます 応募をご

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2022年4月1日(金)

燕三条×ものづくり×人づくり 職人達の仕事

ヒト、モノにスポットを当てた地域をPRする展示会「燕三条×ものづくり×人づくり 職人達の仕事」を開催します。 燕三条では、日々研鑽に励む職人達の技と心によって紡がれた品々、あなたの生活をより豊かにする品々を生み出すと共に、次代を担う職人が生まれ、育ち、その時代の生活や要求に似合っ

続きを読む

燕三条ブランド推進部|2022年3月15日(火)

『燕三条まちあるき2022春』4月~5月開催!

「燕三条まちあるき」は、燕三条特有のものづくりの技術や文化、魅力を地元のナビゲータとともに巡りながら、肌で感じてもらおうという企画です。 春の心地いい季節に、まちあるきを楽しんでみませんか? ◆開催予定 4月9日(土)~5月29日(日)、全15コース。 各コースの詳細は、燕三条ま

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2021年12月24日(金)

会期変更のお知らせ(表参道・ネスパス展示会)

ご案内している展示会「燕三条×ものづくり×人づくり 職人達の仕事」は、都合により会期が変更となりました。 変更後:2021年12月22日(水)~12月25日 (土)まで ※入場無料 10:30~18:30 会場:表参道・新潟館ネスパス 3F展示交流スペース【東京都渋谷区神宮前4-

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2021年12月10日(金)

燕三条×ものづくり×人づくり 職人達の仕事

ヒト、モノにスポットを当てた地域をPRする展示会「燕三条×ものづくり×人づくり 職人達の仕事」を開催します。 燕三条では、日々研鑽に励む職人達の技と心によって紡がれた品々、あなたの生活をより豊かにする品々を生み出すと共に、次代を担う職人が生まれ、育ち、その時代の生活や要求に似合っ

続きを読む

企画推進課, 燕三条ブランド推進部|2021年12月8日(水)

Good Design Award 2021 燕三条

“⾦属加⼯のまち”として知られる新潟・燕三条地域。先⼈が培ってきた技術とものづくりの精神はデザインと融合し、数多くの魅⼒的な商品を⽣み出してきました。早くから、商品にデザインを取り⼊れ、それを意識した商品開発が⾏われてきました。それは、商品の差別化や⾃社ブランドの確⽴にもつながり

続きを読む

1 / 3123